So-net無料ブログ作成

子宮筋腫が不妊の原因となる理由 [子宮筋腫と不妊]

a0002_004054.jpg

子宮筋腫は不妊の原因とも言われます。

子宮筋腫の症状が軽い方でも、
不妊の原因が他に見当たらない場合があります。

そんな時は、子宮筋腫が原因になっていると
医者に言われる事もあるのです。

そして、子宮筋腫が
不妊の原因と言われるには理由があります。

まず、子宮筋腫ができると子宮は大きくなります。

その形はデコボコとした形になる為、
受精卵が着床しにくくなるというのが理由なんです。

粘膜下筋腫(筋腫のコブが子宮内腔にある)場合、
子宮内に避妊リングを入れているのと同じ状態になる為、
更に妊娠の条件は悪くなります。

また、せっかく着床しても子宮が硬く、収縮しやすい為、
知らないうちに流産してしまう事もあります。

子宮筋腫がある方で、他に不妊の原因がはっきりしない・
繰り返し流産になってしまうというような方の中で、
筋腫を取り除く手術を受ける事で、妊娠・出産をされている方が多くいます。

しかし子宮筋腫があるからといって、
必ず不妊という訳ではありません。

筋腫をもったまま妊娠される方もいるのは確かです。

そのため子宮筋腫があるからといって
妊娠を諦める必要はないのです。


nice!(0) 
共通テーマ:妊娠・出産

不妊症で女性が原因の場合 [不妊症の原因とは?]

不妊症で女性が原因の場合

女性が原因の場合はいろいろなことが考えられますので、
原因を特定するには、一つずつ調べていかなければなりません。

女性側が原因の場合には、次のようなケースがあげられます。


排卵障害:きちんと排卵が出来ていない状態です。無月経の場合もあります。

卵管因子:何らかの原因で卵管が詰まってしまったり、
周りに癒着が起こったりしていて、妊娠が成立しない状態です。

子宮因子:子宮内部に何らかの異常があり、
妊娠が成立しにくい状態をいいます。
子宮筋腫やポリープ、子宮奇形などがあげられます。

子宮内膜症:子宮の内膜に何らかの異常がみられる状態をいいます。
女性不妊の原因として比較的大きな割合を占めていて、
年々増加傾向にあるようです。


また、原因が一つだけでなく、いくつかの原因が重なって
不妊となっていることもあります。

不妊の治療を行う際には、これらの原因を特定して、
それにあった治療を行うことになります。




nice!(0) 
共通テーマ:妊娠・出産

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。